スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gとの遭遇

2009年09月12日
それは今日の出来事…

僕が椅子に座りながらだら~んと伸びをしていたときに起こりました。

そうです

黒いアイツがカサカサと部屋の中をまっすぐ横断しやがりました。


もうね、発見した時は思わず二度見しましたよ


まず一回目は「んー」とか言いながら伸びをしつつチラ見

二回目は「なにやら黒い物体が横切ったぞ!?」と思ってあいつを凝視の二度見でした。


そして黒いあいつと目が合った瞬間凍りつく僕と黒いあいつ

お互いにお互いをけん制しつつ、ゆっくりと立ち上がる僕

目は黒いアイツを見失わないようにしつつも武器を捜索中

一方、黒いアイツは僕から逃げようと隙を窺いつつ少しずつテーブルの下へ進行


僕と黒いアイツとの駆け引きは5分ほど続き

いくら捜索しても見つからない武器に焦りを隠せない僕


なぜだっ!

確かにテレビの横の箱には蠅たたきが差してあったはずなのにそれが無い

なぜだっ!!

普段なら父親の通販雑誌とかが転がっているはずの床に雑誌が一冊も無い

なぜだっ!!!

普段なら一冊は転がっているはずの新聞が一冊も無い

なぜなんだっ!!!?

誰かの罠か!?

もはや黒いアイツと僕をタイマン武器なしでガチンコ勝負させるために誰かが仕組んだ

罠なのかっ!?


そんな状況で目に付いたのは僕の携帯でした

迷わず家族へTEL!!

僕が目を離すと黒いアイツが逃亡する可能性が高いので目を離さずに電話をかけ

即座に「G発見、蠅叩きを持って救援に来られたしっ!!」と要件を伝えましたよ。

…まぁ、実際は「ゴキ○リ、ゴ○ブリっ!! 蠅叩きか雑誌持ってきてっ!!」

みたいな言い方でしたけどね


そして即座に駆け付けた母親からパスされた蠅叩きで黒いアイツを天に召してやりました


文章にすると簡単ですけど、僕には正直余裕がなかったですねw

思い出すだけでもおぞましい

あんにゃろうはゴミ箱の下に逃げた揚句、ゴミ箱をのけると臨戦態勢でこっちに向かって

きやがりましたからね

即座に叩き落としてとどめを刺したものの、もう少し反応が遅れていたらと思うと…

あぁ、ゾッとする


皆さんも黒いアイツにはご用心を…

一匹見つかったら100匹は居る なんておまけ付きですしね

…ってかそれって一度発見したら討伐不可ってことですよね


Read more "Gとの遭遇"
スポンサーサイト

囲いの中

2009年03月10日
微妙に哲学者モードってわけじゃないようなことをふと思ったので

書きます

う~ん、なんだか普段の感じとは違う

むしろ答えが自分の中で出ている疑問って感じ…

まぁ、そんなんでもせっかく思いついたので書きます


ジャンル的には「僕的にはこう思うんだ」みたいな話

…でも、哲学者モードも「僕的にはこう思う」っていう話だなぁ


ということで追記です

Read more "囲いの中"

ちょっと思ったんですが…

2009年02月23日
偽善って言葉ありますよね

僕はこの言葉自体があまり好きではありません

善を偽ると書いて偽善ですが

内容的には善行に見せかけて利己的に得するとかそういう状態のものを言うそうです


でも個人的に思うんですが利己的にせよ善を行った人間が

どうして偽善者だなどとののしられなければならないのでしょうか…

そもそも偽善と言う言葉を使うならこの世に善なんて存在しません


偽善が自分に得がある上で善を行うことというならば

善は当然自分は損をするけども善を行うことということになります


しかしです、善を行う理由として自分にとって何かしら得が絶対にあるハズです

なぜならば、例えばお金とかそういうものでなくて、相手が喜んでくれるのを見たいという

理由で善を行ったとしたって、相手が喜んでくれることで結局自分が満たされるのですから

偽善になってしまいます


例えばボランティアで、震災の現地に行って被災者を助けるコトだって

言い方は悪いですが結局は助けたいという自分の気持ちを満足させるための行動です

つまり、助けたい=助けることで自分の中で満足できるわけです

確かに主観的にはそうじゃなくて、ただ助けたいだけなんだって思うかもしれませんが

客観的に言えば、被災者を救出したときに絶対に達成感、満足感が得られるはずです

それを得たいと思う行動が、助けたいという行動に結びつく

と僕は思います

となればこの世には偽善でないものなど存在しなくなります

だからこそなんだか偽善って変な言葉に僕には聞こえたりします


まぁ、結局何がいいたいかって言うと

偽善者だなんて言葉、使うのよしましょうよってことです

何にもしないよりも偽善だってやるだけ善です

善いことをしているのだから偽善なんてののしられる云われもないってなことですね



まぁ、根本的に善悪自体が曖昧なもので

一方には善行でももう一方には悪行ととらえられたりもするようなものなので

論点として善悪自体が難しいんですけどね~…



まぁ、ふと思った僕の戯言でした

タイムトラベル

2009年02月20日
それは昨日の夜のこと

歯をワシャワシャとブラッシングしながら(なんか違うかな…

…やっぱ素直に歯を磨きながらテレビを見ているとですね

ドラえもんの映画のCMが流れてました

…一体何歳の人を対象に宣伝しているんだい?

と思いましたね


そんなことを思いながら歯磨きを終えてベッドにもぐりこむ僕

そこでフト、さっきのドラえもんについて考え出します


ここから哲学者モードです


がっ!!


内容的に子供達の夢を叩き壊しそうなので追記にします

とっくの昔に夢なんざ叩き壊してるってひとはどうぞ

あと読んでいただけるなら覚悟してくださいね~

長いです

ほんと長いです
Read more "タイムトラベル"

皆同じだけ価値がある?

2009年02月04日
昨日の夜、お風呂に入っていたらふと思いました。

むかし、道徳とかで『みんな同じだけの価値がある大切な命なんだよ』

って先生が話をしていたと思うんですが…


同じだけの価値がある?


これって、すなわち価値が無いのと何一つ違わないんじゃないだろうか

そう思いました。


だってそうじゃないですか?

皆同じだけの価値ってコトは例えばすべての価値が0の場合でも

すべての価値が100の場合でも結局は同じと言うことになります。


つまり、価値があろうが無かろうが同じ。無いにも等しいことになる

そんな風に僕は思います。


それよか、それぞれ価値がある部分と無い部分があるんだってほうが何か

しっくりくるように感じませんか?


世の中あれもこれもすべてが完璧にできる人間なんて一人として存在しません。

だからこそ同じだけの価値なんてものは存在しなくて

それぞれがそれぞれだけの価値を持っているんじゃないでしょうか…



これを価値以外で言うなら

例えば、誰にでも優しい人っていうのは実は、誰にも優しくないのと同じなんだって

コトです。

だって、誰にでも優しい状態がデフォなわけで…それはつまり優しくしていないのと

なんら変わらないんじゃないだろうかってコトですね



う~ん、やっぱり一晩寝てしまうと何を言いたかったのかいまいち分からなくなる…

 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。