スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持って行かれた~

2010年06月10日

本日の僕の懐はホクホクしております

ってか、持ってるだけで若干怖い金額が財布に入っておるわけです


あ、お金持ちだぜ!!みたいな自慢じゃないですよ

むしろこのお金を引き出すことにどれだけの葛藤があったのか小一時間ほど

語りだせるくらいに悩みぬいた末に引き出したこのお金


何に使うのかというと自動車学校ですね


先週の木曜日に入校しているはずでしたが、紆余曲折色々ありまして

明日、ってか今日ってか、今週の木曜日入校になりまして


そんじゃあ、入校のためのお金を用意しないとね


と、当然そうなりまして

学校終わりにATMに立ち寄って入学金を引き出すことに…

いざATMに入ったものの

『…○○円だぜ? 入学以来貯め続けたお金が一気に半分ほど持っていかれるんだぜ?』

と何か心の声が囁きかけてくる中


葛藤に震える指を押さえて暗証番号を入力

引き出し金額を入力

明細もプリーズと入力


すべてを終えた僕の前で今までに聞いたこと無いほどの

バラララララララ だか バアアアアアアアアアア だか

そんな感じの音を立てて お札を数えてる? 引き出してる? ATMさん


あまりの音に更に自分の引き出す額の大きさを再認識し


ATMからお金を取り出して封筒へ放り込み鞄へ


ついでキャッシュカードを回収して財布へ


あとへ明細を回収すれば言いだけだったんですが、指先が乾燥していないのか

はたまた質量的な意味でない重さが半端じゃなくなった鞄に動揺したのか

ATMからペロッと出ていた明細を少し引っ張った後取り逃す…


あれれ…

落ち着け、落ち着くんだ僕


再度気を取り直していざ明細を取ろうとすると

何を思ったかひっこんでいく明細さん

たぶん、一度引っ張ったせいで明細を取ったとATMさんが認識したんだと思うんですが…


何事かと思う間もない速さでATMさんの中へと僕の明細さんは引っ張り込まれて

しまいました…


もう、『えぇぇぇぇ!?』ってなもんです

…まさかホラー映画で薄暗い闇へと引っ張り込まれていく人のごとく

自主回収されるなんて


もちろんエラーとか出て再度出て来るんだと思って眺めていたんですが

一向に僕の明細を吐き出してくれる気配の無いATMさん

追い討ちのように告げられる『ご利用、ありがとうございました!!』の音声


…ちょい、待て と

ご利用ありがとうって、明細まだもらってないよ~ とね

思いながらも、もう出してくれる気配も無いのでATMを後にしました…



しかし、どうなるんだろう

僕の明細

次に利用して明細を所望された方の下に僕の分もまとめて二枚分支給されるのか

下手すれば残高とかのプリントが被ってゴチャゴチャになったものが支給されるのか


まぁ、いずれにせよ

次にご利用される方、申し訳ありません


わけの分からん明細は僕のです



って、ことで明日から入校して車校に通います…

テストとかも近いし、忙しくなるのかなぁ…


Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。